私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれ

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
長男を出産した後でしたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。無事に妊娠し、うれしいと同時に赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。
大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。
赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。
薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが大切なポイントだと言えますね。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。料金は1回2800円で安価でしたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、下の子を授かりました。ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。
葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を下げる効果が認められています。厚生労働省の発表によりますと、妊娠の初期の段階で一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリを利用するのが問題ありません。葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。
妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという報告があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗と共に体外に排出され、人体に留まって蓄積するという事はありません。
それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。
葉酸を過剰に摂取すると、発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された分量と用法を守ってください。不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療とあいまってストレスになるケースもあり、相当悩んでいる人もいるのです。周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。
普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。こうしたものを利用することで、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。
ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。自宅でも行えますし、少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。これは、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です