今現在、妊娠を考えている、あるいは計画

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、よりたくさんの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。
ですから添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大切なポイントだと言えますね。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。不妊体質を改善するために、いつもの食事を改めてみるのも一つの手かもしれません。卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、乱れた食習慣を続けていては妊娠しやすい元気な卵子、精子は、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、規則的で栄養バランスに配慮した食事を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいらっしゃいますよね。
もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草などの青菜類や、肉類にも入っている栄養素なのです。ですから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが改善していくという訳です。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。
少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。
これは、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊活なんて聞くと、女性側が実践するものがよく紹介されています。しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。
なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
もちろん、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。
ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を注意してください。
適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品として、妊婦が利用しているケースも多いです。今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。上の子が男の子でしたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは期待と不安でドキドキしていました。結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。
ですから妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が適切な摂取方法だと言えます。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。
葉酸を効率よく働かせるためにも、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
反対に、胃が空っぽの空腹時に葉酸サプリを摂取してしまいますと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です